インフルエンザを予防する

インフルエンザの予防について

インフルエンザの予防にマスクは効果なし?

 

風邪はもちろん、インフルエンザの時期になると
多くの方がマスクをして外出していますよね。

 

でも、感染していない人がマスクをすることで
ウィルスの感染を防げるのかというと・・・

 

実は防げません!

 

マスクというのは本来、
インフルエンザに感染した人が
他人に移さないために着用することで
効果を発揮します。

 

感染者のつばやくしゃみに付着したウィルスが
飛沫するのを防ぐのがマスクですから。

 

ウィルス自体はマクロサイズですので
当然一般のマスクであれば、簡単にすり抜けてしまいます。

 

 

では全く予防に効果がないのか・・・
というとそうでもありません。

 

インフルエンザの感染で最も多いのが
ウィルス飛沫による感染。

 

つまり、感染した人のつばやくしゃみなどに
付着したウィルスが侵入して感染するもの。

 

ということは、自分もマスクをつけておくことで
相手のつばやくしゃみによる侵入を防げる というわけです。

 

もう一つ、

 

風邪やインフルエンザが冬に流行するのは
乾燥しやすいからというのもあります。

 

つまり、ウィルスは湿度を嫌い、
乾燥していると活発になるので、

 

マスクを装着することで喉や鼻の乾燥を防ぎ
潤いを保つことができます。

 

これもマスクによる大きな予防効果ですね。

 

あとは、もちろん手洗いうがいもしっかり行いましょう。

 

空気感染も防ぐサージカルマスクN95って?

 

それでもやっぱり心配・・・

 

空気感染も完璧にガードしたい!

 

という方には、サージカルマスクのN95
というものがあります。

 

医療現場などでも使われているもので
およそ0.08前後の微粒子を95%以上除去できる性能があります。

 

ただ、高価なので使い捨てのマスクとしては
結構値が張るのと、高性能がゆえ息苦しい。

 

見た目が結構インパクトあります

 

例えば、飛行機に乗るときなど
密閉した空間で、短時間だけど
感染の可能性が非常に高くなる時に使うなど
使い分けるのがおすすめです。

 

発泡剤 研磨剤 なし 歯磨き粉